;

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.10.15 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    名城探訪〜宇和島城〜

    0
      木造復元が見事な城・大洲城をあとにし、四国名城巡りのラストは宇和島城
      所要時間は、大洲駅から鈍行で一時間半程度。
      # 予讃線、特急の追い越し待ちなのか、停車時間がやたら長いのに驚いた…



      桑折長屋門から登城スタート。



      険しい山道を抜け、本丸へ。高石垣がやっぱり見応えある。


      宇和島城は現存十二天守の一つ。
      約350年間の風雪に耐えてきた姿には、荘厳な印象を感じさせる。


      宇和海(たぶん)を一望。
      晴れていたら…と思うけれど、雨男なのは自覚しているので仕方ない。


      三重三階の天守は小規模ながらも破風のバリエーションが豊富で美しい。


      帰りは搦め手ルートから下山。
      現存する薬医門のなかでは最大級・最古の可能性を秘めた登り立ち門も要チェック。

      ポイント
       
      • 守りよりも美しさを重視した天守
      現存する天守は、1666年に伊達宗利が改修したもの。
      戦乱期から後に造られたということで、石落としや狭間などを持たせない反面、
      バリエーション豊かな破風を配置し、意匠を凝らした美しさを感じさせる。
      小規模ながらも、日本建築の美しさを物語るような建築で味わい深い。
       
      • 藤堂高虎と五角形の縄張
      石垣の特徴や、海に面した縄張りなども見所だが、宇和島城特有の特徴といえば
      不等辺五角形の縄張りにある。
      敵方には四角形と思わせることで、残る一方から攻めるという目的だという。
      流石は築城の名手、高虎の城は本当に面白い。
       
      • 苔むす石垣と草木が織りなす幽玄の美
      平山城でも道が険しかったり、草木が生い茂っていたりと、登りにくい城も多い。
      宇和島城は登城道がよく整備されていて、散策するのに丁度よい距離なので、自然
      を存分に味わう
      ことができる。

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.10.15 Tuesday
        • -
        • 20:38
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << June 2020 >>

        counter

        ブログパーツUL5

        books

        ひろの最近読んだ本

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM